鬱の症状はすぐに解決しましょう|サクッと気分も晴やか爽快

2人の看護師

ストレスが原因となる病気

カウンセリング

ストレスを感じる状況は

気分が落ち込んだり、夜眠れなくなったりという症状が見られる場合、鬱病を発症しているかもしれません。現代では、ストレスの起因となることが多く存在しています。その為、沢山の人が鬱病に悩まされているのです。エイズ患者の約10倍にも上る数の患者がいると言われています。鬱病は様々なことが原因となって発症します。最も多いのがストレスですが、一口にストレスといってもその種類は様々です。仕事、家事や育児、健康上の問題、人間関係、家族や親しい人の死、経済的な問題などがあげられます。もちろんこれら以外のことでも鬱病を発症する可能性がありますが、ストレスに関することだけでもこれだけの種類が存在するため、鬱病は誰にでも起こり得る非常に身近な病気であると考えられます。自分は関係などと思わずに、日ごろからストレスを溜めないように工夫したり、ストレス解消を行うようにしましょう。

他の病気と異なる点とは

鬱病が起こる原因は非常に多くありますが、鬱病で見られる症状も非常に多岐に渡ります。最も特徴的な症状は、気分の落ち込み、睡眠障害、食欲減退や増進などです。また、通常の病気によって身体的な症状が最初に発生し、それによって気分が落ち込んだり絶望的になることで鬱病の精神的な症状を引き起こすことがあります。しかし鬱病の場合には最初に精神的な症状が現れ、それと同時もしくはその後に身体的な症状が現れます。ただし、仮面鬱病の場合には身体的な症状がメインに現れるため、鬱病だということに気づくのが遅れるパターンが非常に多く見られます。症状は若干異なってはいますが、抗鬱薬を飲むことで症状が改善されるため、発症のメカニズムは同じということになります。仮面鬱病の場合には、ほかの病気に誤診される可能性が非常に高いため、様々な治療を行っても改善が見られず、長い間辛い思いをすることが多いと言われています。病院で治療を受けてもなかなか治らない場合には、別の病院を受診してみるのもひとつの方法です。