鬱の症状はすぐに解決しましょう|サクッと気分も晴やか爽快

2人の看護師

早期発見と予防の重要性

診察

疾患次第で異なる治療法

精神疾患の初期症状として鬱の症状を発症する疾患には、一般的によく知られている鬱病の他にも、躁鬱病という名前でも知られている双極性障害や適応障害など複数の疾患があります。そして、それぞれの疾患によって治療法が異なるだけでなく、ある疾患の場合に施す治療法が別の疾患の場合には却って症状を悪化させる可能性もあります。具体例の一つとして、鬱病の主要な治療薬として服用される抗鬱剤は、双極性障害の場合には症状が重度になってしまうケースがあります。そのため、実際に双極性障害の治療に際しては鬱症状が重度な場合を除くと、抗鬱剤を投与することは無いのです。精神疾患には同じような症状であっても、診断を誤って治療をしてしまうと却って症状を悪化させてしまうというリスクが伴いますので、医師による正しい診断を仰ぐことが大切になってきます。そして、医師が正しい診断をするために必要とする判断材料の中心は、患者からの自己申告です。従って、患者は医師に対して正確な情報を提供するという意識を持つことが大切なのです。

予防の推進が大切

多様な疾患が存在する精神疾患ではありますが、多くの疾患に共通している特徴があります。それは、疾患を発見して治療を開始する時期が早ければ早いほど症状が軽度で、治療の負荷が少なく治療期間も短く済むということです。しかし、より効果的なのは、具体的な疾患に至る前にその兆候を見つけて、疾患に至らないように予防を行うということです。精神疾患の予防の為に大切なことは、一つが日頃からなるべくストレスを被らないようにすることです。特に一時期に集中して重いストレスを被ることは、精神疾患発症の引き金となりやすいので注意が必要です。また、そのストレスの要因が身近な人の死のように避けようの無い場合も存在します。その場合には、なるべく期間を空けずにそのストレスを緩和するための取り組みを行うことが大切です。そして一つの大切な点が、定期的に精神疾患に至りかねない兆候が出ていないかを確認することです。確認事項に関する情報はインターネット上にて無料で入手する事ができます。また、50人以上の労働者が従事する事業所ではストレスに関する検診を毎年実施することが厚生労働省によって2015年12月より義務化されています。今後はこのような予防のための取り組みが益々一般化するものと見込まれています。