鬱の症状はすぐに解決しましょう|サクッと気分も晴やか爽快

2人の看護師

あなたの体は大丈夫ですか

下を向く男の人

心と体の関係

ひとえに鬱病といってもその症状は千差万別、人によってまるで違うケースも有り得ます。 まず鬱病のイメージとして挙げられるのが、抑うつ状態や意欲の低下といった精神面の症状ですが、実は鬱病はこれらの症状の他に体の症状もあります。精神疾患である鬱病に体の症状があることを意外だと思われる方もいると思います。しかし、緊張するとお腹が痛くなってしまったり、不安なことがあると胃がキリキリしたりするのと同じように鬱病で心の調子が悪くなればその症状が体に現れるのは当然です。それほど人間の心と体は密接に繋がっているのです。では、具体的には、どのような体の症状が現れるのでしょうか。もちろんこれも人によって様々ですが、代表的な症状をいくつか挙げています。まず、不眠などの睡眠障害です。夜なかなか眠れなかったり、眠ったとしても夜中や朝早くに目覚めてしまったり、逆に眠り過ぎてしまって朝起きられなかったり、1日中寝て過ごすような過眠も睡眠障害です。これらは病院で睡眠導入剤などを処方してもらうことで、比較的早期に解決する場合もあります。

体からのサイン

次に、頭痛を始めとした体の痛みです。頭痛の他にも関節痛や腰痛など痛みの発生源は人それぞれで、大抵の場合が検査をしても痛みの原因が分かりません。色々な診療科目を巡った上で、精神科などに辿り着き、痛みの原因が鬱病であると判明します。そして食欲の低下や増加も鬱病の症状の1つです。ダイエットをしているわけではないのに、1ヵ月で数kg体重が減った、又は増えた場合は危険信号ですので出来るだけ早めに病院を受診しましょう。その他の体の症状としては、女性の場合は生理不順、男性の場合は勃起障害、男女共通では性欲の減退などがあります。鬱病になるとホルモンバランスが乱れると言われており、それが原因でこれらの症状が発生します。 鬱病で精神科や心療内科などの専門医を受診している患者さんは沢山います。その約半数が最初は精神科ではなく内科を受診したというデータもある程、鬱病は体に症状が出る病気です。もし病院に行って検査しても原因の分からない体の症状に悩んでる方がいらっしゃれば、精神科の受診も検討してみて下さい。