鬱の症状はすぐに解決しましょう|サクッと気分も晴やか爽快

男性医師

社会問題とも言われる疾患

頭を抱える女の人

3つの低下が見られる

日本人のおよそ30人に1人は鬱病を発症したことがあると言われています。また、その数は年々増加傾向にあるとされ、社会問題にまで発展しています。鬱病の症状は、気分の低下、意欲の低下、思考の低下などがあります。気分の低下は鬱病で最もよく見られる症状のひとつです。気分が落ち込む、元気が出ない、不安になる、悲しくなる、イライラして焦りを感じるなどがあげられます。朝方に症状が強くなる傾向があり、夕方頃になると少し改善します。初期の段階では気分が落ち込んで元気が出ない程度ですが、症状が進行すると何に対しても希望を見出すことができず、自分のことを卑下するようになり、死にたいとまで思うようになります。意欲低下はやる気が起こらず無気力な状態になることです。そのため、外出を控え家にこもりがちになります。何事に対しても興味がわかず、一日中じっとして過ごすことも少なくありません、思考の低下は頭がぼーっとすることです。考え事をして答えが出ず、集中することもできなくなります。そのため注意力散漫や判断力の低下も見られます。また、思い込みが激しくなることもあります。

発症する原因

鬱病は、ストレスで発症することが多いですが、ストレス以外の原因によっても発症することがあり、原因別に3つに分類されます。1つ目は心因性鬱病と呼ばれるもので、一般的によく知られているストレスが原因となって起こるタイプのものです。仕事や勉強で思うように成果が出ない、人間関係の悩みなどがあると発症しやすいと言われています。また、引越しなどで新生活が始まることでストレスを感じ、鬱病を発症することもあります。人間は新しい場所や新しい物事に対して少なからずストレスを感じると言われています。その物事の規模が大きいほど感じるストレスも大きくなると考えられます。2つ目は内因性鬱病です。これは、生まれつき鬱病になりやすい人のことを指します。そのため、鬱病を発症しても、原因がはっきりしないこともしばしば見られます。3つ目は身体因性鬱病です。アルツハイマー型認知症のような脳の病気や、甲状腺機能低下症などの身体の病気によって起こるものです。別の病気治療の為に用いている薬によって発生する場合も含まれます。脳の障害や病気によってよって引き起こされたものを器質性鬱病と呼びます。気分を晴やか爽快な状態にするためにも適切な治療を受けるようにしましょう。

ストレスが原因となる病気

カウンセリング

今多くの患者が悩まされている鬱病は精神的症状と身体的症状の両方が現れる病気です。日本だけでなく世界的に見ても患者数が増加しており、世界に3億5千万人以上いると推測されています。発症原因で最も多いのはストレスです。人間はあらゆることでストレスを感じるため、鬱病は誰にでも起こり得る病気だと考えられます。

Read More

脳内に原因がある疾患とは

レディー

大うつ病性疾患、気分変調性障害、特定不能の鬱病性障害の3つに鬱病は分類されます。精神的な症状のほかにも身体的な症状も現れます。原因は脳内のセロトニン不足です。セロトニンを増やすためには、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物を毎日の食事から摂取することが大切です。

Read More

早期発見と予防の重要性

診察

初期症状として鬱の症状を発症する精神疾患は複数存在し、ある疾患の治療法が別の疾患の場合には逆に症状を悪化させるというケースもあります。そのため、医師に正確な診断を仰ぎましょう。精神疾患を発症した際は発見と治療開始が早期であるほど軽度で済みますが、より効果的で重要なことは発症を予防することです。

Read More

安全に仕事を継続するには

病院

鬱の症状には、分類による正反対な原因と対策があります。一般的に鬱には「がんばれ」と言わないことが知られていますが、実は分類によっては少し認識が違うのです。心療内科や精神科というと、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、仕事に集中できず、失敗を繰り返すようになると、受診することが望ましいです。

Read More

あなたの体は大丈夫ですか

下を向く男の人

鬱病の症状として代表的なものは、抑うつ状態や意欲の低下といった精神的なものですが、睡眠障害や体の各所に起こる痛み、食欲の低下及び増加などの体の問題も原因は鬱病の可能性があります。原因不明の体の症状にお悩みの方は、精神科の受診もご検討下さい。

Read More